社会人として持つ印鑑とは

普段何気なく暮らしていると印鑑についてわざわざ考えることはそうはないと思います。けれど、よくよく考えてみれば印鑑は自分の人生の中で重要な役割を持っているものです。

印鑑を作るタイミング、どんな印鑑を作るかなど、普通はあまり考えることはありませんが、社会人なら、今使用中の印鑑も含めて、一度、印鑑について考えてみるのもいいかもしれません。

印鑑は、材質や仕上げ方などによって、押しやすい印鑑もあれば、押しにくい印鑑もあります。私の体験ですが、学校の卒業式の記念品としてもらった印鑑は、とても押しにくい印鑑でした。多分、そんなに良いものではなかったのでしょう。その印鑑は、丁寧に押したつもりでも、印影がきれいに出ず、とても使いにくいものでした。最初はその印鑑しか持っていなかったので、自分の押し方が悪いと思っていたのですが、他の印鑑を使ってみると、きれいに押すことができました。

そのこともあって、銀行印や実印は、ある程度の品質のものを使用したほうがいいと感じました。最近では100円ショップでも印鑑は売っていて、銀行印として使用できないわけではありませんが、やはり社会人なら、社会人として相応しい印鑑を持つことが常識なのかもしれません。

また印影の大きさでも押しやすさや印象が違うことがあります。直径が9mm位の印鑑より11mm位のほうが押しやすく、印影の見た目の印象も良く見えるので、これから印鑑を購入しようと思われている方は、印影のサイズが少し大きめの印鑑がお薦めです。

11mm位の印鑑と言いましたが、銀行印を作るならば本当はもっと大きなサイズのものを作ることをおすすめします。印鑑店やネットショップなどを見て回ればわかると思いますが、11mm位のものは認印として売られています。どこの店も銀行印ならば女性なら12mmから13.5mmのもの、男性なら更に大きめの13.5mmから15mmのものを推奨しています。

ましてや実印となれば更に一回り大きなものを選ぶべきでしょう。100均で売っているようないわゆる三文判はサイズも小さく素材も粗悪ですから、実印はもちろん銀行印として使うのも本当はやめたほうが良いと思います。

もちろんそれなりのものを買おうと思えばお金もかかるわけですが、人生において重要な場面で使う印鑑です。ちょっとくらい頑張って良いものを選ぶべきだろうと思う次第です。